ルネブログ

DTCGをメインに、ゲームに関するよもやま話をしています。

【LoR】今すぐランクマで勝ちたい強デッキ情報

f:id:re_ne:20200506223258j:plain

 レジェンド・オブ・ルーンテラ(以下LoR)、β版の頃からけっこうやってたんですが、ついに本リリース来ましたね。さっそくマスターランクにも上げるぐらい、ガッツリやり込んでおります。

 

 

というわけで、今回はランクマッチで今すぐ勝ちたいあなたへ耳寄りな、勝てるデッキの紹介。今回紹介するデッキの中から気に入ったものを1つ選んで使えば、恐らくそれなりに勝てるようにはなるはず。これからLoRを始める方や、ランクマッチで勝てなくて困っている方向けの記事になりますので、是非参考にしていただければ幸いです。

 

 

Tier1(最もオススメしたい今すぐ勝てるデッキ)

コリーナコントロール

f:id:re_ne:20200506211247p:plain

 

デッキコード:CEBQEAQEAYEAGAIEDMPTIBQBAUOSCKBSGU3AEAIBAQYAEAIFAE4ACAIBAUHQ

 

僕が今回マスターランクに上がったデッキでもあるんですが、デッキパワー的に頭1つ抜けてるなと感じるぐらい強力なデッキです。基本的な勝ち筋は、序盤は除去で相手のユニットを捌きつつ時間を稼ぎ、終盤《司令官レドロス》、《コリーナ・ヴェラザ》などで勝負を決めにいくというもの。相手によっては《エリス》、《幼体の目覚め》、《ヴァイ》などから序盤攻める戦い方もでき、非常に柔軟性の高いデッキです。

 

苦手デッキもほとんどないので、単純にデッキパワーのみでオススメするなら一押し。ただ、プレイングがどちらかというと難しめの部類なので、カードゲーム慣れしている人向け。万能で丸いデッキが好きな方に。

 

バーンアグロ

f:id:re_ne:20200506211934p:plain

 

デッキコード:CEBQEAQDAMCAIAIECETTINQGAEBQEDAUDYSSQAIBAEBQ6AQBAECACAIBAMXQ

 

デッキパワーと難易度を総合して初心者に最もオススメなのはこれ。相手ネクサスのライフを愚直に狙うタイプのデッキなのでプレイングが分かりやすく、初めての方でも比較的扱いやすいデッキかと思います。基本戦略は名前の通り、相手のライフを迅速に削りきっていくこと。

 

《ノクサスの狂熱》《帝国の破壊工作員》の扱いは相手のリアクションで打ち消される可能性があるので少し難しめですが、60点以上のプレイは出しやすいデッキ。扱いやすさも加味すると、今すぐ勝ちたいというコンセプトでは恐らく一番。手っ取り早く、分かりやすく勝ちたい方に。

 

エズリアルカルマOTK

f:id:re_ne:20200506213143p:plain

 

デッキコード:CEBQEAICFE4QGAQCAMCQSBIBAQNR6JBUHIBAEAIEAETQGAICAIYTQAA

 

基本戦略は、序盤は除去でしのぎつつ、終盤に《エズリアル》のレベルアップ後の能力によってワンターンキル(OTK)を狙っていくデッキ。やってることはオタクですが、決してOTK=オタクの略ではないです。

 

OTKを決める瞬間はかなり気持ち良いものの、デッキを扱う難易度はかなり高め。デッキパワー的にはTier1なのですが、使いこなすハードルも考えると今すぐ勝てる度は低めか。「やあやあ我こそは由緒あるカードゲームオタクなり」という方に。

 

Tier2(まあまあオススメの今すぐ勝てるデッキ)

忠義デマーシア

f:id:re_ne:20200506215456p:plain

 

デッキコード:CEBAEAQAAMEQUAIAAEEQUDA2DUSSWLJTAEAQEAAHAIAQCABSAEBAABI

 

基本戦略はシンプルで、でかいユニットを並べて盤面で勝つデッキ。たまに《フィオラ》に《不屈の精神》をつけて特殊勝利を狙うことも。難易度はこの記事で紹介している中でもかなり易しめのデッキで、今すぐ勝てる度はかなり高い。

 

扱いは比較的簡単であるんですが、愚直に強いユニットを並べることにしか長けてないので、動きがもっさりしがちなのが欠点。ただ、初心者にオススメという意味では、下手なTier1デッキより優れているので、このデッキから始めるのは全然アリ。でかいスタッツで分かりやすく勝ちたい方に。

 

スカウト

f:id:re_ne:20200506220429p:plain

 

デッキコード:CEBQCAQGCYBQEAADAYEQQAIAAEERKGQ5E4VTGAIBAIAAOAICAEAAWEQ

 

忠義デマーシアと性質は似ていますが、こちらは「スカウト」の能力や《スライド》を用いて、1ターンに複数回攻撃するコンセプトになっているデッキ。特に《ミス・フォーチュン》の能力は攻撃するたびに発動する能力で、ハマればそれだけで勝負を決めてしまえるぐらい強烈です。

 

一方、忠義デマーシアと同じく盤面でしか戦えないので、一度除去されてしまうとどうにもならなくなってしまうのが欠点。とはいえ、《義勇のシスリア》から《スライド》で複数回攻撃すれば、それだけで勝負を決めてしまえる爆発力も。1ターンにたくさん攻撃して気持ちよくなりたい方に。

 

ハイマーコントロール

f:id:re_ne:20200506222152p:plain



デッキコード:CECACAQEBABAEAQBBECACAQCBQTDSBIBAQIBWJZUHAAQEAICEUYQA

 

基本戦略は《孤高の僧》や《ハイマーディンガー》から出てくる3マナイルーシブ持ちのタレットで殴りつつ、除去などで相手の動きを妨害して勝つデッキ。《ハイマーディンガー》がひとたびコンボを決めれば、それだけで勝負に勝つことができる爆発力が魅力。

 

一方、横並べに弱く、コリーナコントロールの《幼体の目覚め》などへの対処は厳し目なこともあり、ややパワーはTier1のデッキからは落ちるか。とはいえ、《ハイマーディンガー》がコンボを決める時の楽しさは随一なので、たくさんタレットを生み出して気持ちよくなりたい方に。

 

ディープ

f:id:re_ne:20200506221332p:plain

 

デッキコード:CEBQGAIFCIOSQAYCAUDQQCQGAIDB2HRHF42TQAIBAIDCSAQBAECS6AICAUBQ

 

デッキのカードを破棄する「トス」などの能力を活用してデッキ枚数を減らし、スタッツに+3/+3の補正がつくようになる「ディープ」の能力を発動して勝つデッキ。一定枚数デッキを掘ることで、「ディープ」持ちの海獣ユニットが強化されるだけでなく、《ノーチラス》、《マオカイ》といったチャンピオンもレベルアップ能力が発動できるようになるので、如何にそこまでたどり着くかが勝負。

 

一方、初動が遅めなので、コリーナコントロールの《司令官レドロス》やハイマーコントロールの《ハイマーディンガー》、エズリアルカルマOTKの《エズリアル》などに速度負けしがちなのが欠点。でかい海獣やでかい《ノーチラス》などのサイズで勝ちたい方や《マオカイ》の能力で相手をデッキ切れにしたい方に。