ルネブログ

DTCGをメインに、ゲームに関するよもやま話をしています。

ハースストーン、4月末に再びナーフ情報

 

f:id:re_ne:20200418210412p:plain

 

 

4月末に10枚のカードのバランス調整が発表!!

 

どうやら、再びデーモンハンターのカードを中心としたナーフが行われるようです。調整されるカードは上記の通り。

 

「デーモンハンターのカードまたナーフかい!」と言ったところではありますが、HSReplayのデータ上でも、デーモンハンターの勝率は以前ほどではないにせよずば抜けていたので、仕方ないですね。特に《異端者アルトルイス》はどんな盤面でも簡単に除去できてしまうポテンシャルを持ったカードである上に、ヒーローにもダメージが入るので顔を詰める性能もめちゃくちゃ高く、デッキに入らない理由が全くないレベルの強カード&不健全だったのでそりゃそうという感じ。ただ、デーモンハンターのデッキはかなりプレイングも出て味わい深く、現環境で最も使っていて楽しいクラスだと思っているので、あまり叩きすぎない程度にしてほしいものです。せっかくの新ヒーローだし。

 

ただ、《悪運アホウドリ》のナーフについては、正直どうなの?感はあります。スタッツが3/4/3と及第点なので、カジュアルにデッキに入れやすいんですが、ハイランダーデッキは《偉大なるゼフリス》《竜の女王アレクストラーザ》の能力が非常に強く、アホウドリ程度のメタカードは許されても良い気がしています。運営としては、よりハイランダーデッキを強い立ち位置にしたいのかもしれませんが、ゼフリスやアレクストラーザはあまりにパワーが高く、引けた引けないの勝負になってしまいがちなので、個人的にはハイランダーデッキは今ぐらいの立ち位置がちょうど良いかなという感想。

 

《ケルサス・サンストライダー》にもナーフが入るようですが、こちらについては、運営は今のようなガチンコの使われ方を好んでおらず、ファンデッキとして使ってほしいという意図があるとのこと。ケルサスは現状だと正直強すぎ感あるので、ナーフもやむなしって感じはありますが、使っていて楽しいカードとしては現環境筆頭格なので、まだ一線級で使えるレベルのナーフにしてほしいものです。開発チームの話の中にも「コンボの可能性は残したい」的な話が出ていたので、それを信じたい。

 

《グレイヴの達人》については、今のテンポデーモンハンターにおいて、ヒーローのライフを詰める貴重な手段だったので、一体どういった方向性のナーフになるのかはかなり注目しています。例えば「ミニオンにしか打てなくなる」だけでもだいぶ弱くなると思うんですよね。とはいえ、《生贄の契約》が一緒にナーフされるという話もあり、その内容次第では《憤怒のプリーステス》を代わりに採用すれば良いだけだとは思っているので、テンポデーモンハンターというデッキは引き続き環境のトップメタとして残り続けるのではないかなと思っています。

 

パッと見、ナーフ後はドルイドが強そう

まだナーフの内容がはっきりしていないのでなんともな部分はありますが、候補のカードだけ見ると、次の環境では今以上にスペルドルイドが強くなりそうな気がしています。《ケルサス・サンストライダー》のナーフはやや痛いですが、それ以上に天敵のテンポデーモンハンターのカードのナーフが大きい。スペルドルイドは最悪ケルサスなしでもデッキとして成立するので、仮にケルサスが全く使い物にならないナーフを受けてしまったとしても、致命傷にはならないのではないか、という予想です。

 

バランス調整が行われるのは4月末ということで、まさに月末ラダー真っ只中といったところですが、ひとまずは続報に期待ですね。