ルネブログ

DTCGをメインに、ゲームに関するよもやま話をしています。

激安トーテムシャーマンが思いの外強く、初心者にもオススメ

f:id:re_ne:20200418210412p:plain

最近、ちょこちょこと見かけるようになったトーテムシャーマンというデッキ。せっかくだからと使ってみたところ、思った以上に勝てるし、何よりもステータスの高いパワフルなトーテムがたくさん並ぶ楽しいデッキでした。記事執筆時点におけるレジェンド帯でのデッキ勝率データも52.5%と悪くない数字を示しております。(HSReplay上のデータ)

 

f:id:re_ne:20200416151832p:plain

 

そして、何よりも良いのが、レジェンダリーなしの低資産でも組める点。レジェンダリーカードの《ヴェッシーナ》が入ったリストもありますが、特に必須パーツでもなく、外れているリストも多く出回っています。ハースストーンを始めたばかりの人でも比較的組みやすいデッキかと思うので、今回紹介していきます。

 

 

デッキリスト

f:id:re_ne:20200416151846p:plain

 

デッキコード:AAECAaoIAA/5A4EEvgbgBvAHkwnGmQOdowPapQP5pQO1rQO2rQP5rgPbuAOWuQMA

 

今回紹介するリストは、日本人プロのTredsred氏が大会で使用していたリスト。レジェンダリーのカードは0、エピックのカードですら《両断の斧》2枚だけという圧倒的安さが魅力です。

 

キーカードは《水鏡のトーテム像》

f:id:re_ne:20200416131434p:plain

 

キーカードとなるのが《水鏡のトーテム像》。このカードは、トーテムをバフした時に、何故かバフしたトーテムをコピーできるという破格の効果を持ちます。このカードを用いてトーテムをバフし、強力な盤面を作っていく、というのがこのデッキの勝利の方程式となります。《トーテムの力》《トーテム激昂》などの0マナで使えるトーテムバフカードもこのデッキには入っており、特に《トーテムの力》はトーテムの体力を+2する効果を持つため、このカードを使う前のターンに使っておくと、より場に出したトーテムが除去されずに生き残りやすくなります。

 

f:id:re_ne:20200416132108p:plain

 

また、一度バフしたトーテムは《両断の斧》の雄叫び効果でコピーしてしまうことができ、これで一度強固な盤面を作り上げてしまえば勝利は目前。ちゃんとバフされていれば並ぶトーテムの体力も高く、生半可な除去では太刀打ちできないはず。コンボが順調に決まった時は、序盤とは思えないような超盤面が出来上がって楽しいので、その意味でも大いにオススメできるデッキです。

 

また、トーテムコンボ以外でも1マナの横並べしやすいカードが豊富にあり、一度ミニオンを大量に並べてしまえば全体+1/+1の《嵐の怒り》、全体攻撃力+3の《血の渇き》で一気に勝負を決めにいける破壊力もこのデッキの魅力です。横並べしてパンプアップ、という分かりやすい動きで、初心者でも扱いやすいデッキの1つなので、ぜひぜひ使ってみてください。

 

相性

環境の主流デッキの中では、スペルドルイドに無類の強さを誇ります。スペルドルイドは横にスタッツの高いミニオンが並ぶのに弱く、単体除去も割と貧弱。序盤はマナブーストのために受け身に回らないといけないデッキでもあるので、トーテムコンボがかなり通りやすく、かなり勝ちやすい相手となっています。

 

一方、テンポデーモンハンターは大の苦手。序盤ミニオンを展開しつつ除去を行えるデッキなので、こちらがトーテムを置いても簡単に除去されてしまい、《水鏡のトーテム像》コンボが通りにくい。また、仮に一度トーテムコンボを通すことに成功したとしても、《異端者アルトルイス》の全体除去効果によるコンボで強力な盤面が更地にされてしまうこともあります。負け筋がかなり多い相手で、対戦する主流デッキの中では最も厳しい相手と言えると思います。

 

手札交換(マリガン)について

自分の場合は、《水鏡のトーテム像》を常にキープ。他にも1マナの軽量ミニオンは優先的にキープでやっていました。また、《水鏡のトーテム像》がキープできている時には、《トーテムの力》、場合によっては《両断の斧》などもキープしていました。相手が除去強めの相手でないのならば、《悪党同盟のトーテム》《マナの潮のトーテム》などもキープして良いのかなと思います。相手が序盤から展開してくるデッキだと、《蛇寺院のポータル》も盤面を返す上で非常に有効なので、優先的にキープすることが多かったです。