ルネブログ

DTCGをメインに、ゲームに関するよもやま話をしています。

アンチガラクロンドウォーロック構成

f:id:re_ne:20200418210412p:plain

先週のマスターズツアー予選(3ヒーロー1BANのBO3)の結果とデッキ内容を見ていたところ、アンチガラクロンドウォーロック構成が活躍していたのがちょっと面白かったので紹介。

 

OTKデーモンハンター、スペルドルイド、フェイスハンター

f:id:re_ne:20200416152001p:plain

 

デッキ内容はこの3つなのですが、特筆すべき点は、これら3つのデッキ全てがガラクロンドウォーロックに有利を取れているデッキであることです。現環境のBO3では、環境初期から活躍していたテンポデーモンハンターに対してガラクロンドウォーロックが有利を取れていることや、「テンポデーモンハンター、スペルドルイド、ガラクロンドウォーロック」という3デッキによる構成が主流になっていたことから、対戦相手のデッキにガラクロンドウォーロックが入っていることが非常に多かった。そういったメタになっていた中で、ガラクロンドウォーロックに非常に強い構成を持ち込むのは、上手いデッキの持ち込み方だったと言えると思います。

 

実際、この構成は先週の大会で結果を出しており、liveil、Cassia、SaltOPepperの3選手がそれぞれ優勝しているほか、Orangeが2位に入賞しているなど、勝ち組構成の1つであったことがうかがえます。同じく先週行われていた日本の大会「イリダン党選手権」ではウォーロックの勝率は全ヒーロー中1位となっていましたが、その裏ではメタられていたことを思うと、なかなか興味深いです。

 

自分の場合、先週のマスターズ予選は「テンポデーモンハンター、スペルドルイド、ガラクロンドウォーロック」といういかにもな構成で出ていたのですが、大会結果を見るのをサボっていなければこの構成の強さに気づけたのになあ、と思うと少し悔いが残ってしまいました。(イリダン党は登録せず)

 

先週よりラダーでOTKデーモンハンターが流行ってきている今週は、相対的にガラクロンドウォーロックの立ち位置が落ちることが予想されます。そのため、先週の大会ほどにはこの構成は効果的に働かないかもしれませんが、使ってみるのはアリだなと思いました。こうした特定のデッキをターゲットにして、そこを確実に抜いていく構成を組んでメタる、というのはコンクエスト型のBO3、もしくはBO5ならではの戦略の妙を感じさせてくれて面白いですな。競技シーンに踏み込むにはややハードルが高めなハースストーンですが、大会に出てみたいという方は、こういった構成の組み方を参考にしてみても良いかと思います。

 

ちなみに、大会で使用されたデッキ構成については下記のサイトから見られるので、気になる方はどうぞ。

 

www.yaytears.com