ルネブログ

DTCGをメインに、ゲームに関するよもやま話をしています。

BoarControlのスペルドルイド

f:id:re_ne:20200418210412p:plain

 

 

デッキリスト

EU地域のグランドマスター・BoarControl氏のスペルドルイドが、かなり使用感が良いので紹介。以前、ナーフ後の環境で、「スペルドルイドが次に来る」という予想をしましたが、予想通りに、現環境におけるメタの一角として大いに活躍中のデッキです。

 

f:id:re_ne:20200411185508p:plain

 

デッキコード:AAECAZICBv0C5gXTnAPinwOxrAOuugMM/gHTA/cDxAa5lAPbpQP5tQPlugPougPsugPuugPvugMA

 

デッキ概要 

動きは非常にドルイドらしく、マナブーストをして、相手にマナ差をつけた後に、強力な動きを狙っていくというもの。《過剰繁殖》によるマナブーストから、《ケルサス・サンストライダー》によるスペル連打のコンボで、《洪水》《野生の贈り物》などの高コストスペルのマナを踏み倒して戦います。

f:id:re_ne:20200411190938p:plain

また、《グローフライの群れ》によって大量展開がしやすいのも強み。《野生の力》で全体強化する動きや、《森の魂》で除去耐性をつける動きが強く、一度通れば《獰猛な咆哮》《野生の贈り物》で一気に勝負を決められます。その展開力と爆発力の高さは、往年のトークンドルイドを思い起こしてしまうもの。

 

また、BoarControl氏のリストは《森の助け》が1枚積まれているので、より大量展開がしやすいリストになっています。何もない盤面からでも《ケルサス・サンストライダー》でコストを踏み倒してからの《森の助け》で一気にトークンを並べ、《野生の贈り物》で一気にそれらをバフする動きは、決めてしまえばそれだけで勝負を決める一手となるもの。《森の助け》がないリストだと、《グローフライの群れ》2枚を使った後だと《ケルサス・サンストライダー》で大量展開ができない点がネックでしたが、このリストであれば、安心して《グローフライの群れ》を打つことができます。

f:id:re_ne:20200411191355p:plain

また、《菌々財宝》による2マナ3ドローが破格。このデッキのミニオンは《ケルサス・サンストライダー》、《異境の乗騎売り》の2枚しかないので、だいたいは破棄されずに3ドローできるパワーカードです。序盤にこのカードを打ってから《過剰繁殖》《グローフライの群れ》といったパワーカードに繋げていく動きがもの凄く強いので、マリガン時にもこれらのカードを狙って引いていくのがオススメ。特に、このカードを打った後に《グローフライの群れ》を打つ動きは、それだけ2/2が出てくる数が増えるので強力。一気に盤面のアドバンテージを握れる強ムーブです。

 

手札交換(マリガン)について

《菌々財宝》、《過剰繁殖》、《グローフライの群れ》の3つは常にキープ。これらが手札にあり、相手が早めのデッキの場合は、《自然の怒り》、《クリスタルパワー》などを合わせてキープといった形でやっていました。ドルイドは昔から早めにマナブーストをする動きが強く、特に《過剰繁殖》は打てるか打てないかで2マナ分ものマナ差がつき、《鉄の樹皮》、《沼ビーム》といったカードを0コストで使用できるターンが大幅に早まるので、かなり積極的にマリガンで狙っていったほうが良いという感覚でした。

 

キーカードを引けなかった時の弱さはややネックなデッキではありますが、ちゃんとパワーカードを引けている時の強さは全デッキ中随一。派手な動きをするデッキが好きな方は是非使ってみてください!